資産運用とOJIX(オジックス)について

資産運用とOJIX(オジックス)について

資産運用という言葉はまだまだ日本では浸透していない言葉ではありますが、実は既に皆さんも気づかない所で資産運用を行っているという人も少なくないはずです。

資産を増やすという意味で、「定期預金」や、「保険」なども資産運用の一つと言えます。

定期預金の場合には金額が少ないために実感はあまりないかもしれませんが、“金利”を受け取れる事で資産運用としての形を成しています。

しかし、資産運用とは必ずリスクが伴うもの。

投資と言われればそのリスクも想像しやすいかもしれませんが、定期預金の場合にも、もし万が一銀行がつぶれてしまった場合には預金金額によって満額返済されない場合があります。

このように資産運用といっても株式投資やFXのように、ハイリスクハイリターンのものもあれば、定期預金などのようにローリスクローリターンのものもあります。

こうした構造を理解する事でこれから訪れる投資時代をうまく生きていく事が出来るようになるはずです。

OJIX公式サイトへ

貯める事を重視した「貯蓄」

増やす事よりも貯める事を目的とした資産運用を「貯蓄」と言います。

主な運用法としては「普通預金」「定期預金」「積立定期預金」などがこれにあたります。

元本保証など、確実性が高いために、大きなリスクを負う事はありませんが、その分、見返りもなかなか見込めません。

老後の為など、将来の為に貯める事を目的として運用する資産運用となります。

増やす事を重視した「投資」

貯める事を目的とした「貯蓄」とは反対に、増やす事を目的とした資産運用を「投資」と言います。

主な運用法としては、「株式投資」「債券投資」「投資信託」などがこれにあたります。

長期投資、分散投資というスタイルが基本的なスタイルとなり、多くの場合運用成果は予測出来ないものとなっています。

投資の場合には貯蓄に比べリスクが高く、運用法を間違えると大きな損失を生む事にもなります。

OJIXの資産運用

OJIXは果たして「貯蓄」でしょうか、「投資」でしょうか。

これは実は非常に難しい問題です。

なぜならば、先に説明させて頂いた「投資」として考えた場合、OJIXには“大きなリスク”を伴う事がありません。

そして「貯蓄」として考えた場合には“見返りが見込めない”という事もありません。

確実に利益を生み出すシステムが搭載されている為にこのどちらにも当てはまらないのです。

ある意味では“新しい資産運用法”と言って良いでしょう。それくらいに画期的なシステムなのです。

もちろん似たようなシステムがないわけではないですが、僕が知る限りではOJIXのシステムこそが最もリターン率(平均月利)が高いと言えます。

これだけの安定性を確保しているシステムの中では圧倒的に高いと言えます。

よって、これから訪れる投資時代にはOJIXのようなシステムを利用しておくことが大切な事だと言えるでしょう。

OJIX公式サイトへ TOPページを見る